パーソナルボイスサポーター oluolusatomiの日記

あなただけのボイスコンサルティング🎶 伊藤怜美の日記

?ボーカルトレーナーとハワイアンシンガーになりたい!思った理由とは!

どうもこんばんは爆  笑

 

伊藤怜美ですポーン音譜

 

今夜も遊びに来てくださってありがとうございますグラサン

 

久々にこちら(題名)のネタをゆっくり書いてみようと思う夜。

 

じわじわあえて言わなくてもわかる。。。感じが否めませんがえーん

 

気長にお付き合いくださいビックリマーク

 

 

20代前半の頃に「天職!」とお勧めしてもらった

 

ボーカルトレーナーのお仕事ですが

 

なかなか自分の気持ちがそこに到達せず

 

レッスンに通いながらピザ屋さんでアルバイトをしていました。

 

むしろ誰かに何かを教えるということに興味が持てなかった時代。

 

本音はそれをするようになったら自分のことが何一つできなくなる

 

と思い込んでいた頃ですね。

 

そして最上級は自信がなかった。

 

何を隠そう!何も隠せてないけど笑 

 

その頃はミュージカル女優ニヤニヤひらめき電球

 

になるべく夢中だった時期。

 

そういえば!!今日懐かしい話になったのですが

 

そもそもクラシックバレエだとかJAZZダンスだとかを

 

一切習ったことがなかった高校一年の春に

 

いきなり体育の授業が

 

クラシックバレエ

 

だった日のこと。

 

普通体育って体操着を用意したら良いのだと思うのだけど滝汗

 

完全なるミュージカルの養成高校だったので

 

レオタードチュチュ(黒鳥)&ピンタイシューズ

 

 

胸には名前のゼッケンをつけて体操着

 

初日からオーディションのようでしたね笑

 

え?ぷ、プリエ?ポワント?

明らかに日本語ではない。

 

そんな言葉が飛び交う授業に

 

なぜ何も疑問を持たず

 

あの思秋期という時代を

 

大真面目に過ごしていたのか?????

 

何も知らず水着で踊ったような感覚に陥っていたのは

 

私だけでしょうか?笑

 

タケフジ〜ヨガ

 

今でも謎。

 

 

謎!ゲッソリ

 

謎!!!!!!ニヒヒ

 

今日もその時代の時のことを話していてそう思いました。笑

 

この時代が作法を習得した時期だったのだなぁと確認。

 

あの高校時代。。。鬼のような忙しい時代。

 

家にいることがほぼなかった時代。

 

この時代が今も血肉になっているのは確実。

 

そしてその高校で奇跡的にボーカルリーダーになったんですよ笑

 

えぇ。わたくしめが。笑

 

危ない。笑

 

卒業公演に向けてのボーカルリーダーってやつを任された時

 

ここで実感した感動が今につながっているのだなぁと確認。

 

人にニュアンスを伝えたりすることや、役者さんへのアプローチを

 

自分なりに考えたりすることが、

 

単純に楽しかったのです!!

 

すごい大層なことを言ってるような記事ですが笑

 

そんなに出番はなかったんですよ。。。

 

ボーカルリーダー笑

 

残。

 

これが一番の古い記憶かな。体の中の。

 

うん!今夜はこの辺にしておきます♪

 

それでは今夜も穏やかにくまもん2

 

ハワイ伊藤怜美ハワイ