読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルボイスサポーター oluolusatomiの日記

あなただけのボイスコンサルティング🎶 伊藤怜美の日記

④ボーカルトレーナーとハワイアンシンガーになりたい!と思った理由とは?

f:id:oluolusatomi:20160315232533j:plain

どうもこんばんは!

 

横浜市青葉区の村で歌のお教室をしております伊藤怜美です!

 

今夜も遊びに来てくださってありがとうございます!

 

「お教室」ここの部分をなんとかしっくりする言い方に変えたい。

 

「歌の村」。。。「歌の家」。

 

うん。もうちょい練りますは。

 

さて昨日は無事にハナミズキをハモろう!女性限定!の1回目が無事に終了いたいました!

 

とにかく私がすんごい楽しんでしまった笑

 

みなさん最後は相手を感じてハモれるようになっていて

 

あぁ〜!幸せ!

 

やりたかったのこれ!!!っていう時間。

 

女性の声を重ねるこの感じ!!

 

聴きたかったから嬉し〜!!

 

ご参加いただいた方々本当に楽しかったです!

 

ありがとうございました!

 

次回は3月22日(火)18:00〜です!

是非是非ご参加ください♪

お問い合わせは↓↓↓(伊藤怜美宛でしたらどこからでもお気軽にお問い合わせください!)

www.street-academy.com

さて今夜はいつものシリーズに戻ってみようと思います!

 

④ボーカルトレーナーとハワイアンシンガーになりたい!と思った理由とは?

 

前回からの続き。

oluolusatomi.hatenablog.com

 

そうその音大生活をしている時です!

 

どうにかレッスン代を稼ごう!!と時間さえあればアルバイトをしていた頃。

 

いろ〜んなアルバイトしました。

 

レッスンも行きたいけどちゃっかり遊びもしたい。

 

紳士服売り場で洋服売ったり、自然食品のお店でレジ打ちをしたり、

 

某ショップの洋服を売ったり、劇場のレセプショニストをしてみたり。

 

授業がない日は特に働きました。

 

午前中と午後の働き先を変えてとにかくお金を貯めていました。

 

劇場のレセプショニストなんかは就職して会社に勤めたような感覚でした。

 

社会ってこうやって成り立ってるんだなぁ。

 

社会人てこんなにきついんだ。。。と思う現場でした。

 

こん時の経験が”所属をしない”人生を決めていたのかも。

 

レセプションの特権として劇場の中でリアルに舞台が見れます。

 

まぁ業務内容としてはお客様が場内で写真撮影などしていないか?

他のお客様のご迷惑になっていないか?

お具合が悪くなられていないか?

 

などを見てなきゃいけないんですけどね。笑

 

まぁ。残念ながらそんなのそっちのけで舞台に夢中ですよ!笑

 

自分で買おうとしたら3階席でも1万円する作品をですよ?

 

仕事中に見れちゃうんですから!!!

 

みるしかないっしょ!

 

オペラをみたり、芝居を見たり、コンサートを見たり

 

いろんな作品を見させてもらえるんだぁ!!!と思ってウハウハでしたよ。

 

しかしあまりに真面目に仕事をせず舞台に夢中になっていたのがバレたのか

 

””国立””が劇場のネーミングに入っているような劇場へは

 

シフトを振られなくなってしまいました笑

 

伊藤さん残念。

 

けれど!けれども!今思えばこれが良かった!

 

有名だけどちょっとローカルな大劇場に仕事を振られるようになって

 

しばらくした時。

 

公演名に「ハワイアン〜、、、」

 

と記載があって「あっ。今度はハワイアンの公演なんだぁ。なんか楽しみ〜。」

 

と思って仕事に出かけました。

 

そしたら、公演が始める前の会場時から

 

なんだか客層が凄まじく南国!!!!

 

チケットもぎりながら「ん?ここどこ?」ってなって

 

行き交う人々、特に女性の方々はお花の香りがフワッとしてきます。

 

なんか普通の香水と違う!そしてお洋服がなんだかトロピカル!!

 

よくわかんないけどこのムードなに?めっちゃ楽しいんだけど!!

 

とやはり私は業務に全く集中せず雰囲気を楽しんでいたんです!!

 

妙にワクワクする空間だったのを今でも覚えています。

 

そして開演後!もぎりから外れて場内に入った私は不思議な感覚に襲われました。

 

「ミュージシャンが一斉に楽器を弾きながらハモり出した!

 

しかもなんかすごい緩やかに揺れてる。

 

なんで?

 

なんで音が揺れれるの?

 

めっっちゃ気持ち良いんだけど。」

 

その音になぜか馴染みがあったんです。

 

もちろん体がですけど。

 

どこか懐かしい感じ。

 

ハワイアンの音楽ってこんなに良いんだ。って思った瞬間でした。

 

どの曲もすっと体に入ってくる流れ。

 

なんだこの感じ。

 

すごく良い。

 

またもや見入って、聴き入ってしまった私はその後先輩に案の定叱られました。笑

 

しかしあの時のわたしは何にも動じずその先輩やら周りの同期に

 

「ハワイアンてすごくいいですね!ハワイアンいい!」

 

と連呼していました!笑

 

帰ってからもずっとそんなことをつぶやいてて

 

一体全体何が起きたんだかわからなくなってましたね。

 

うん。明らかに感動してたんだと思います。

 

その時代はとにかくミュージカルの職に就くために動いていたので

 

どう考えてもハワイアンは今じゃなかった。

 

そう気持ちを整理してあの時は舞台に向かってまっしぐらだったなぁ。

 

記憶を辿ると明らかにここが

 

ハワイアン音楽にピン!ときたきっかけ!

 

きっとここでレセプションしてなかったら

 

その”ピン!”は味わえなかっと思う。

 

色々動いていてよかった!

 

って思う!

 

この続きはまた今度。

 

それでは今夜も穏やかに♪

 

オルオルさとみ

 

2013年のウクレレ・ハワイの旅!同時更新中♪

ameblo.jp

 

f:id:oluolusatomi:20160315232533j:plain